Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
openSUSE Leap 15.4

システム分析/チューニングガイド

問題点の抽出からそれらの解決、そして最適化までを取り扱う 管理者向けのガイドです。モニタリングツールを利用することで、お使いのシステムに 対する調査と最適化を行うほか、資源を効率的に管理する方法についても説明して います。また、よく発生しうる問題点やその解決方法、そして追加のヘルプや ドキュメンテーション資源についても説明しています。

発行日: 2021/12/01
前書き
利用可能なドキュメンテーション
ドキュメンテーションの改善
文書規約
I 基本
1 システムチューニングにおける一般的な事項
1.1 解決すべき問題の特定
1.2 よくある問題の排除
1.3 ボトルネックの発見
1.4 順を追ったチューニング
II システム監視
2 システム監視ユーティリティ
2.1 多用途ツール
2.2 システム情報
2.3 プロセス
2.4 メモリ
2.5 ネットワーク
2.6 /proc ファイルシステム
2.7 ハードウエア情報
2.8 ファイルとファイルシステム
2.9 ユーザ情報
2.10 日付と時刻
2.11 データのグラフ化: RRDtool
3 システムログファイル
3.1 /var/log/ 内にあるシステムログファイル
3.2 ログファイルの表示と処理
3.3 logrotate によるログの管理
3.4 logwatch によるログの監視
3.5 root 宛のメールに対する転送設定
3.6 中央の syslog サーバへのログメッセージの転送
3.7 logger コマンドによるシステムログへの記録
III カーネル監視
4 SystemTap: システムデータのフィルタリングと分析
4.1 考え方の概要
4.2 インストールと設定
4.3 スクリプトの文法
4.4 スクリプト例
4.5 ユーザスペースプローブ
4.6 さらなる情報
5 カーネルプローブ
5.1 対応するアーキテクチャ
5.2 カーネルプローブの種類
5.3 Kprobes API
5.4 debugfs インターフェイス
5.5 さらなる情報
6 Perf を利用したハードウエアベースの監視
6.1 ハードウエアベースの監視
6.2 サンプリングとカウンティング
6.3 Perf のインストール
6.4 Perf のサブコマンド
6.5 特定種類のイベントのカウント
6.6 特定のコマンド固有のイベント記録
6.7 さらなる情報
7 OProfile: システム全体に対するプロファイラ
7.1 考え方の概要
7.2 インストールと要件
7.3 利用可能な OProfile ユーティリティ
7.4 OProfile の使用
7.5 レポートの生成
7.6 さらなる情報
IV リソース管理
8 一般的なシステムリソースの管理
8.1 インストールの計画
8.2 不要なサービスの無効化
8.3 ファイルシステムとディスクアクセス
9 カーネルコントロールグループ
9.1 概要
9.2 リソースアカウンティング
9.3 リソース制限の設定
9.4 TasksMax を利用した fork ボムの防止
9.5 比例型の重み付けポリシーによる I/O の制御
9.6 さらなる情報
10 自動的な Non-Uniform Memory Access (NUMA) のバランス調整
10.1 実装
10.2 設定
10.3 監視
10.4 影響
11 電源管理
11.1 CPU レベルでの電源管理
11.2 カーネル内ガバナー
11.3 cpupower ツール
11.4 特殊なチューニングオプション
11.5 トラブルシューティング
11.6 さらなる情報
11.7 powerTOP による電力消費状況の監視
V カーネルのチューニング
12 I/O 性能のチューニング
12.1 I/O スケジューリングの切り替え
12.2 blk-mq I/O パスで利用可能な I/O エレベータ
12.3 I/O バリアのチューニング
13 タスクスケジューラのチューニング
13.1 概要
13.2 プロセスの分類
13.3 完全公平型スケジューラ (Completely Fair Scheduler)
13.4 さらなる情報
14 メモリ管理サブシステムのチューニング
14.1 メモリの用途
14.2 メモリ使用量の削減
14.3 仮想メモリマネージャ (VM) のチューニングパラメータ
14.4 VM の動作監視
15 ネットワークのチューニング
15.1 カーネルのソケットバッファの設定
15.2 ネットワーク内でのボトルネックの発見とネットワークトラフィックの分析
15.3 netfilter
15.4 Receive Packet Steering (RPS) によるネットワーク性能の改善
16 SAP 向けの SUSE Linux Enterprise のチューニング
16.1 sapconf 5 での SLE のチューニング
VI システムダンプの処理
17 トレーシングツール
17.1 strace によるシステムコールの追跡
17.2 ltrace によるライブラリコールの追跡
17.3 Valgrind によるデバッグとプロファイリング
17.4 さらなる情報
18 Kexec と Kdump
18.1 概要
18.2 必要なパッケージ
18.3 Kexec の内部構造
18.4 crashkernel 割り当てサイズの計算
18.5 基本的な Kexec の使用方法
18.6 日々の再起動に対する Kexec の設定方法
18.7 基本的な Kexec の設定
18.8 クラッシュダンプの解析
18.9 高度な Kdump の設定
18.10 さらなる情報
19 アプリケーションクラッシュ時の systemd-coredump の使用
19.1 使用と設定
VII Precision Time Protocol による時刻同期
20 Precision Time Protocol
20.1 PTP の紹介
20.2 PTP の使用
20.3 phc2sys による時刻同期
20.4 設定例
20.5 PTP と NTP
A GNU ライセンス
A.1 GNU free documentation license
A.2 GNU フリー文書利用許諾契約書

Copyright © 2006– 2021 SUSE LLC and contributors. All rights reserved.

訳: SUSE LLC および貢献者が全権利を留保しています。

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or (at your option) version 1.3; with the Invariant Section being this copyright notice and license. A copy of the license version 1.2 is included in the section entitled GNU Free Documentation License .

訳: この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNU フリー文書利用許諾契約書バージョン 1.2 または (希望すれば) 1.3 が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変することを許可します。ただし、この著作権とライセンス表記については変更不可部分とします。この利用許諾契約書の複製物は、 GNU フリー文書利用許諾契約書 という章に含まれています。

For SUSE trademarks, see https://www.suse.com/company/legal/ . All other third-party trademarks are the property of their respective owners. Trademark symbols (®, ™ etc.) denote trademarks of SUSE and its affiliates. Asterisks (*) denote third-party trademarks.

訳: SUSE 社の商標については、 https://www.suse.com/company/legal/ をご覧ください。その他の商標は各所有者の所有物です。商標シンボル(®, ™ など) は、それぞれ SUSE 社およびその関連会社の商標であることを示しています。また、アスタリスク (*) は第三者の商標を示しています。

All information found in this book has been compiled with utmost attention to detail. However, this does not guarantee complete accuracy. Neither SUSE LLC, its affiliates, the authors nor the translators shall be held liable for possible errors or the consequences thereof.

訳: この書籍内にある全ての情報は、細部に至るまで最大限の注意を払って制作されていますが、完全に正確であることを保証するものではありません。 SUSE LLC やその関連会社, 著者, 翻訳者のいずれも、本書籍内の誤りとそこから生じる結果について、 一切の保証はいたしません。

注記
注記

なお、本文書は原文 (英語) の翻訳文書であり、公式な文書ではありません。あらかじめご了承ください。

このページを印刷