Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
セキュリティ強化ガイド
  1. 前書き
  2. 1 セキュリティと機密保持
  3. 2 コモンクライテリア (Common Criteria)
  4. I 認証
    1. 3 PAM を利用した認証
    2. 4 NIS の使用
    3. 5 YaST を利用した認証クライアントの設定
    4. 6 389 LDAP ディレクトリサービス
    5. 7 Kerberos を利用したネットワーク認証
    6. 8 Active Directory サポート
    7. 9 FreeRADIUS サーバの構築
  5. II ローカルセキュリティ
    1. 10 物理的なセキュリティ
    2. 11 seccheck を利用した自動的なセキュリティチェック
    3. 12 ソフトウエア管理
    4. 13 ファイルの管理
    5. 14 パーティションやファイルの暗号化
    6. 15 cryptctl を利用したアプリケーション向けのストレージ暗号化
    7. 16 ユーザ管理
    8. 17 Spectre/Meltdown チェッカー
    9. 18 YaST を利用したセキュリティの設定
    10. 19 PolKit による認可制御
    11. 20 Linux でのアクセス制御リスト
    12. 21 証明書ストア
    13. 22 AIDE を利用した侵入検知
  6. III ネットワークセキュリティ
    1. 23 X Window System と X 認証
    2. 24 SSH: 機密を保持するネットワーク操作
    3. 25 マスカレードとファイアウオール
    4. 26 VPN サーバの設定
    5. 27 X Window System で動作する PKI マネージャ XCA による管理
  7. IV AppArmor による権限の制限
    1. 28 AppArmor の紹介
    2. 29 入門
    3. 30 プログラムに対する予防接種
    4. 31 プロファイルのコンポーネントと文法
    5. 32 AppArmor のプロファイルリポジトリ
    6. 33 YaST を利用したプロファイルの構築と管理
    7. 34 コマンドラインからのプロファイル構築
    8. 35 チェンジハット機能による Web アプリケーションのプロファイル作成
    9. 36 pam_apparmor によるユーザの制限
    10. 37 プロファイルを作成したアプリケーションの管理
    11. 38 サポート
    12. 39 AppArmor 用語集
  8. V SELinux
    1. 40 SELinux の設定
  9. VI Linux 監査フレームワーク
    1. 41 Linux 監査システムの概要
    2. 42 Linux 監査フレームワークの設定
    3. 43 監査ルールセットの紹介
    4. 44 その他の情報源
  10. A GNU ライセンス
ナビゲーション
適用先 openSUSE Leap 15.2

パート II ローカルセキュリティ

10 物理的なセキュリティ

物理的なセキュリティ確保は最重要な考慮事項です。 Linux の本番サーバは、セキュリティチェックを通過した人間のみがアクセスできる、鍵のかかったデータセンター内に配置されるべきです。環境や状況にもよりますが、ブートローダに対してパスワードを設定することも検討すべきです。

11 seccheck を利用した自動的なセキュリティチェック

seccheck SUSE セキュリティチェッカーは、システム内のローカルセキュリティを自動チェックするために設定された、シェルスクリプト集です。定期的にチェックを行うことができるほか、レポートを root ユーザのほか、管理者側で指定した任意のユーザに送信することができます。

12 ソフトウエア管理
13 ファイルの管理
14 パーティションやファイルの暗号化

ファイルやパーティション、ディスク全体の暗号化を行うことで、お使いのデータに対する不正なアクセスを保護し、ファイルや文書に対する機密を保護することができます。

15 cryptctl を利用したアプリケーション向けのストレージ暗号化

データベースなどのアプリケーションは、サードパーティ製の製品として提供される専用のサーバの形態で提供されることがあります。そのような環境を使用する場合、メーカー側のスタッフと連携してデータセンターのメンテナンスタスクを実行する必要があります。また、プライバシーの要件を満たすためにディスクの暗号化を行う必要があるかもしれません。

16 ユーザ管理
17 Spectre/Meltdown チェッカー

spectre-meltdown-checker は、直近の 20 年間に製造されたほぼ全ての CPU 内に存在する投機的実行機能に関する脆弱性が、お使いのシステムに存在しているかどうかをテストするためのスクリプトです。この脆弱性はハードウエアの欠陥に起因するものであり、攻撃者はこの脆弱性を悪用することで、システム内に存在する全てのデータを読み取ることができる可能性があります。クラウド型のコンピューティングシステムの場合、 1 台の物理ホスト内に複数の仮想マシンが動作する仕組みであることから、この脆弱性を悪用できてしまうと、全ての仮想マシン内のデータを読み取ることができる可能性があることになります。この脆弱性を根本から解決するには、 CPU の再設計と入れ替えが必要になってしまいますが、それができるまでの間の回避策として、これらの脆弱性を緩和するためのソフトウエア修正が提供されています。お使いの SUSE システムを最新の状態に維持しておくことで、これらの修正は全てインストールされることになります。

spectre-meltdown-checker は詳細なレポートを生成します。お使いのシステムに脆弱性が存在しないことを保証する仕組みではありませんが、緩和策が正しく適用され、潜在的な脆弱性が存在していないことを確認することができます。

18 YaST を利用したセキュリティの設定

YaST のモジュールである セキュリティセンターとセキュリティの強化 を利用することで、 openSUSE Leap に対するセキュリティ関連の設定を一括で変更することができます。ログイン処理やパスワードの生成に関する設定のほか、起動の許可に関する設定やユーザの作成、既定のファイルアクセス許可などの設定が含まれています。このモジュールは、 YaST コントロールセンターから セキュリティとユーザ › セキュリティセンターとセキュリティの強化 を選択することで、起動を行うことができます。起動を行うと、 セキュリティセンター ダイアログは、 セキュリティの概要 が選択された状態で始まりますが、それ以外の設定分野については、 左側のペインで選択することで、表示することができます。

19 PolKit による認可制御

PolKit (以前は PolicyKit として知られていたソフトウエア) は、権限を持たないユーザセッションと権限を持つシステムコンテキストとの間で仲介を行う、アプリケーションフレームワークです。ユーザセッション内のプロセスがシステムコンテキスト内で何らかの処理を実行しようとすると、 PolKit への問い合わせが発生します。問い合わせの結果は ポリシー と呼ばれる設定ファイルによって決められ、 はい, いいえ, 要認証 のいずれかの結果になります。 sudo などの従来型の権限認可プログラムとは異なり、セッション全体を root 権限で動作させたりするようなことはなく、単にアクションのみを問い合わせる仕組みになっています。

20 Linux でのアクセス制御リスト

POSIX ACL (アクセス制御リスト) は、ファイルシステム内のオブジェクト (ファイルやディレクトリなど) に対して設定することのできる、従来型のパーミッション (アクセス許可) の拡張です。 ACL を使用することで、従来型のパーミッションよりも柔軟な構成をとることができるようになります。

21 証明書ストア

証明書は企業内の認証だけでなく、個人用の認証でも重要な役割を担っています。通常、証明書はアプリケーション自身が管理するものではありますが、場合によってはアプリケーション間で共有したほうが便利な場合があります。証明書ストアは Firefox, Evolution, NetworkManager に対応した証明書の保存場所です。本章では、証明書ストアに関するいくつかの説明を行っています。

22 AIDE を利用した侵入検知

システムの機密を保持することは、代替のきかないシステムの管理者にとっては必須の課題となります。常にシステムが安全な状態にあることは誰も保証できませんので、定期的に (たとえば cron などで) 追加のチェックを行い、システムが正しく制御されていることを確認することが重要となります。このような要件を満たすことができるのが AIDE (Advanced Intrusion Detection Environment; 高度な侵入検知環境) です。

このページを印刷