Jump to contentJump to page navigation: previous page [access key p]/next page [access key n]
コンテンツコンテンツ
セキュリティ強化ガイド
  1. 前書き
  2. 1 セキュリティと機密保持
  3. 2 コモンクライテリア (Common Criteria)
  4. I 認証
    1. 3 PAM を利用した認証
    2. 4 NIS の使用
    3. 5 YaST を利用した認証クライアントの設定
    4. 6 389 LDAP ディレクトリサービス
    5. 7 Kerberos を利用したネットワーク認証
    6. 8 Active Directory サポート
    7. 9 FreeRADIUS サーバの構築
  5. II ローカルセキュリティ
    1. 10 物理的なセキュリティ
    2. 11 seccheck を利用した自動的なセキュリティチェック
    3. 12 ソフトウエア管理
    4. 13 ファイルの管理
    5. 14 パーティションやファイルの暗号化
    6. 15 cryptctl を利用したアプリケーション向けのストレージ暗号化
    7. 16 ユーザ管理
    8. 17 Spectre/Meltdown チェッカー
    9. 18 YaST を利用したセキュリティの設定
    10. 19 PolKit による認可制御
    11. 20 Linux でのアクセス制御リスト
    12. 21 証明書ストア
    13. 22 AIDE を利用した侵入検知
  6. III ネットワークセキュリティ
    1. 23 X Window System と X 認証
    2. 24 SSH: 機密を保持するネットワーク操作
    3. 25 マスカレードとファイアウオール
    4. 26 VPN サーバの設定
    5. 27 X Window System で動作する PKI マネージャ XCA による管理
  7. IV AppArmor による権限の制限
    1. 28 AppArmor の紹介
    2. 29 入門
    3. 30 プログラムに対する予防接種
    4. 31 プロファイルのコンポーネントと文法
    5. 32 AppArmor のプロファイルリポジトリ
    6. 33 YaST を利用したプロファイルの構築と管理
    7. 34 コマンドラインからのプロファイル構築
    8. 35 チェンジハット機能による Web アプリケーションのプロファイル作成
    9. 36 pam_apparmor によるユーザの制限
    10. 37 プロファイルを作成したアプリケーションの管理
    11. 38 サポート
    12. 39 AppArmor 用語集
  8. V SELinux
    1. 40 SELinux の設定
  9. VI Linux 監査フレームワーク
    1. 41 Linux 監査システムの概要
    2. 42 Linux 監査フレームワークの設定
    3. 43 監査ルールセットの紹介
    4. 44 その他の情報源
  10. A GNU ライセンス
ナビゲーション
適用先 openSUSE Leap 15.2

前書き

1 利用可能なドキュメンテーション

オンラインドキュメンテーション

この製品に対するオンライン版のドキュメンテーションは、 http://doc.opensuse.org/ で公開されています。ここから直接読むこともできますし、様々な形式でダウンロードを行うこともできます。

注記
注記: 最新の更新について

ドキュメンテーションの最新版は通常、英語版が先に作成されます。

お使いのシステム内

オフライン環境での利用を想定して、お使いのシステム内の /usr/share/doc 以下に様々なドキュメンテーションがインストールされます。また、多くのコマンドに対して、 マニュアルページ の形式で詳しい説明が書かれています。マニュアルページは man コマンドで表示することができます。このコマンドの後ろに参照したいコマンド名を指定してください。なお、 man コマンドがインストールされていない場合は、 zypper install man を実行してインストールしてください。

2 ドキュメンテーションの改善

このドキュメンテーションに対するご意見だけでなく、改善や追記などの貢献をいただければ幸いです。それぞれ下記のチャンネル経由でお送りいただくことができます:

バグ報告

ドキュメンテーション内に誤記などを見つけた場合は、 https://bugzilla.opensuse.org/ から問題を報告してください。なお、この文書の HTML 版の各章には、問題を報告するための Report Documentation Bug というリンクが用意されていますので、こちらをお使いのうえ報告をお願いいたします。これにより、 Bugzilla で対象の製品や分類、そしてリンク先などをそれぞれ自動で設定するようになっています。あとは問題点の説明を記述するだけです。なお、 Bugzilla のアカウントが必要となるほか、 英語でのやり取りが必要となりますので、あらかじめご了承ください。

貢献

このドキュメンテーションに対して追記もしくは更新すべき具体的な内容をお持ちの場合は、この文書の HTML 版の各章に用意されている Edit Source のリンクをお使いください。これにより、 GitHub 内にあるドキュメンテーションのソースコードを表示し編集することができますので、作業が終わり次第 pull request を送信してください。なお、 GitHub のアカウントが必要となります。

このドキュメンテーションを作成するための環境について、詳しくは リポジトリ内の README をお読みください。

電子メール

本製品のドキュメンテーションに対するフィードバックは、 <> でも受け付けております。なお、文書のタイトルと製品のバージョン、およびドキュメンテーションの出版日付をそれぞれご記入ください。また、問題点の報告や記述の追加に関するご提案は、それぞれ概要と対応するセクション番号、およびページ (もしくは URL) をご記入ください。

ヘルプ

openSUSE Leap に対するさらなる支援をご希望の場合は、 https://ja.opensuse.org/Portal:Support をご覧ください。

3 文書規約

この文書内では、下記のような記述ルールを使用しています:

  • /etc/passwd : ディレクトリ名やファイル名を示しています

  • PLACEHOLDER : PLACEHOLDER の箇所は、実際の値に置き換えるべきものであることを示しています

  • PATH : 環境変数であることを示しています

  • ls , --help : コマンドやオプション、パラメータであることを示しています

  • user : ユーザやグループを示しています

  • package name : パッケージ名を示しています

  • Alt , AltF1 : キー入力や組み合わせキー入力を示しています; キーはキーボードに書かれているとおりに大文字で示されます

  • ファイル , ファイル › 名前を付けて保存 : メニュー項目やボタンなどを示しています

  • ダンシングペンギン (『マニュアル名』、「章名」の章): 他のマニュアル内の章を示しています。

  • 下記は root ユーザの権限で実行しなければならないコマンドを示しています。一般ユーザから実行する場合は、これらのコマンドの前に sudo を付けることで、 root で実行できるようになります。

    root # コマンド
    tux > sudo コマンド
  • 下記は一般ユーザで実行できるコマンドを示しています。

    tux > コマンド
  • 各種の情報について

    警告
    警告: 警告

    実際に実施したりする前に、注意しておかなければならない、きわめて重要な情報を記述しています。セキュリティ面の問題のほか、データを失ってしまう可能性への告知、ハードウエアの損傷の可能性や物理的な障害が発生する可能性を示しています。

    重要
    重要: 重要な情報

    実際に実施する前に注意すべき点を説明しています。

    注記
    注記: 一般的な情報

    一般的な補足情報を示しています。たとえばソフトウエアバージョン間での違いなどを説明しています。

    ヒント
    ヒント: その他のヒント

    ガイドラインや実践的なアドバイスなど、ヒントとなる情報を示しています。

このページを印刷